ツツジ剪定開始

ツツジの花がだいぶ終わってきました。

ツツジは、花が終わった後6月中旬ごろから、来年の花芽を付けます。

ということは、6月中旬までに剪定をしなければなりません。

これ以降に剪定してしまうと、花芽を切ってしまうことになり、

来年は花が咲かなくなります。年1回しかできない作業です。

公共の美化活動の一環として、1日30分、何日かかけて作業予定です。

(暑くなってくるので、連休前に少しでも剪定をしておきたいところ。)

剪定して、小田原市道側から畑がみえるようになりました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_0519-min.jpg

小田原市道側の剪定が終わりましたね。

秋にはしっかりと葉が密集し、そして春が近づくとしっかりとつぼみを持ちます。

来年は、植樹から44年目。また1年後もしっかり咲くことを願っています。

ちなみにツツジは、色ごとに花言葉があり、

白=「初恋」紫=「美しい人」、赤=「恋の喜び」、

ピンク=「愛の喜び」だそうです。

皆様の心に、可憐でしあわせな花が咲くことを祈ります。

  それでは、良い週末(ゴールデンウイーク)をお過ごしください  

                     (業務部 青木)