2022年度が始まりました。

あっという間に2021年度が終わり、2022年度の始まりです。

おかげさまで、2022年11月4日で創立70周年を迎えます。

極東精機株式会社に関わっていただている

全ての方々に感謝を申し上げます。ありがとうございます。

これからも引き続きよろしくお願いします。

時を刻む長さは70年前も今も変わりません。

同じ1秒、1時間、1日、1年の時を刻んでいます。

それをどう過ごすかで、同じ1秒であっても価値ある時となります。

季節は廻り、会社敷地内は、春も真っただ中。桜も椿も咲いてます。

A棟工場の裏(北側)に桜が1本。

A棟工場西側の境界線沿いにツバキが数本あります。

 ※ちなみに2022年3月30日の写真です。

この後は、極東精機の敷地にはチューリップやツツジ、ブドウが咲いていきます。

(業務部 青木)